プロデューサーレターvol.9|【公式】共闘ことばRPG コトダマン

NEWS

プロデューサーレターvol.9

プロデューサーレター vol.9
2019/05/20
 
いつも『共闘ことばRPG コトダマン』をお楽しみいただき、ありがとうございます。
プロデューサーの中村たいらです。
 
先月の1周年イベントから、早くも一か月が経ちました。
4月16日から開始した「300回無料しょうかん」も、毎日欠かさず引いていた方は全て引き終えた頃でしょうか。
もちろん、何度か引き忘れてしまった方や4月16日以降に始められた方も、300回(10連×30回)を必ず引けるようになっておりますので、ぜひご利用ください。
 
1周年記念しゅくだいぱねるも今月末までとなっておりますので、まだ終わっていない方はご注意を。
 
 
さて、1周年関連のイベントやキャンペーンがほぼ終わり、発表済みのコラボも全て出尽くしました。
「コトダマンこれからどうなっちゃうの?」とご心配の方もいらっしゃると思います。
 
ご安心ください。
2年目のコトダマンも皆様にお楽しみいただけるよう、大きなものから小さなものまで様々な仕込みをしています。
引き続きフルスロットルで運営して参ります。
 
今回のプロデューサーレターは、それらの仕込みの中からいくつかご紹介させていただきます。
 

サービス開始400日記念イベント開催!

おかげさまでコトダマンは本日、サービス開始から400日を迎えました。
記念の配布やログインボーナスもありますので、受け取り忘れの無いようご注意ください。
 
配布の「400日記念神社の鍵」は、文字通り「400日記念神社」に入場することができる鍵です。
400日記念神社では、普段の神社よりも状態異常耐性のおまもりを獲得しやすくなっています。
 
魔級や破滅級などの高難度クエストで行き詰っている方は、この機会にデッキの強化を試みてはいかがでしょうか?
 

毎月コラボイベント継続!

コトダマンでは、昨年の10月から毎月コラボイベントを実施してきました。
 
コトダマンのコラボイベントでは、コラボキャラクターがガチャやクエストに登場するという一般的なスマホゲームでよく見られるような要素に加えて、「コラボ辞書」というコトダマンならではの要素があります。
このコラボ辞書があることで、コラボ期間中は普段と同じように戦っても意図せずコンボが増えたり、あるいはいつもと違う言葉を積極的に狙ったりと、遊びに変化が生まれます。
さらにコラボ辞書の収録語によっては、普段使われないコトダマンが脚光を浴びることもあります。
 
こうして生じるプレイ感の変化は、コトダマンのゲーム性を長く楽しんでいただく上で欠かせません。
 
そんなわけで、今後もコラボイベントは積極的に実施していきたいと考えています。
当面は過去コラボの復刻+キャラ追加と、完全新規コラボとが半々くらいでしょうか。
 
現時点では5月・6月のコラボイベントが決定しており、7月・8月についても実施に向けて各版元様に相談中です。
 
今月のコラボについては5月22日の16時ごろに情報解禁できそうです。 
同日予定の生放送でも詳細をお伝えする予定ですので、ぜひご覧ください。
 

5月アップデート「Ver.2.0.4」

5月下旬には、アップデート「Ver.2.0.4」を配信します。
このアップデートは不具合修正やUI調整が主の軽めのアップデートです。
 
大きな変更点としては、クエストへのアクセスです。
まず、ほーむ画面に「イベントクエスト」ボタンが配置され、イベントクエストにアクセスしやすくなります。
そしてこれまでイベントクエストに含まれていたストーリークエストは、独立したメニューとしてせかい画面(大陸画面)に設置されます。 
 
こちらは4月のアップデート後、皆様からのいただいたフィードバックを反映したものです。
改修までお待たせしてしまい、申し訳ありません。
 
詳細なアップデート内容については、近いうちにお知らせが掲載されますので、そちらをご覧ください。
 

6月大型アップデート「Ver.2.1.0」

6月下旬には、大型アップデート「Ver.2.1.0」を実施予定です。
大きな要素をドカンと1つ入れるというよりは、細かい実装や調整を多数入れる、盛りだくさんな内容を予定しています。
 
今回はその中からほぼ実装が確定している項目を2つ、速報としてお伝えしたいと思います。
 
1つ目は、デッキ内のコトダマンを並び替えられる機能です。
現状のへんせい画面では、デッキ内の並び替えを行う場合に該当のコトダマンを一度デッキから外して入れ直す必要があり、特にリーダーをデッキ内の別のコトダマンと交代したいときに手間がかかります。
 
Ver.2.1.0以降は、コトダマンをデッキから外さずに、そのまま並びを入れ換えることができるようになります。
リーダーを交代することもすぐにできるので、クエストによってリーダーを使い分けたい場合や、コトノモリ神社の周回時などの利便性が向上するはずです。
 
 
2つ目はバトルの新要素です。
Ver.2.1.0からバトル中に「クリティカル」が発生するようになります。
 
クリティカルは低確率で敵に与えるダメージが大きく増加するというもので、原則として全コトダマンで発動します。
さらに一部のコトダマンには、クリティカル発生率を上げるとくせいや、クリティカルダメージを上昇させるとくせいなどを持たせていく予定です。
 
 
ここで挙げた2点はVer.2.1.0のほんの一部です。
この他にも様々な要素を鋭意開発中ですので、ご期待ください。
 

ゴッドブルの排出方針について

1周年で実装した「ゴッドブル」はご利用いただけているでしょうか?
僕はすっかりゴッドブル中毒になってしまい、ことあるごとに運営チームに「もっとゴッドブル配ってよ」と言っています。
 
皆様のゴッドブルの獲得・消費状況についてはデータでも追っておりまして、「ゴッドブル100」はかなりの勢いで消費されていることを把握しています。
一方の「ゴッドブルMAX」についてはなかなか消費されず、温存される傾向が強いことがデータから読み取れます。
 
ゴッドブルMAXは最大たいりょくが高いほど回復量が多くなるため、「今使うのはもったいない」という心理が生じやすいのではないかと思います。
俗にいうエリクサー症候群ですね。
 
これらを鑑みて、大勢の方に配布する場合や、簡単なしゅくだいで排出する際などは、気軽に使いやすいゴッドブル100をメインにしていこうと考えています。
ゴッドブルMAXについては、コアに遊んでいただいている方向けのイベント報酬などに置いていきます。
 
ちなみにイベントの報酬設計の際は、皆様のアイテム所持数やコンテンツ攻略状況などのデータを参考にしています。
「100」「MAX」どちらにも言えることですが、あまり使われずに温存されていたり、所持数が増加傾向にあったりすると、どうしても配布や報酬で出せる量は抑え目になってしまいます。
逆に消費が進んで枯渇している状況では、配布などを増やす検討をする場合もあります。
 
決して無理やり長時間プレイをしていただきたいわけではありませんが、もしも「もったいない」という気持ちでゴッドブルを温存してしまっているようでしたら、ぜひぜひ気兼ねせずに積極的にご利用ください。 
 

 
今回のプロデューサーレターはいかがでしたか?
もちろん毎月全力で盛り上げていきますが、次の大きな山は1.5周年ですかね。
すでに準備は始めております。
コトダマンが2年、3年と言わず5年、10年 続くコンテンツになるよう、スタッフ一同がんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 
共闘ことばRPG コトダマン プロデューサー 中村たいら
 

バックナンバー
過去のプロデューサーレターはこちらからご覧ください。
 
-【Vol.1】はこちら
-【Vol.2】はこちら
-【Vol.3】はこちら
-【Vol.4】はこちら
-【Vol.5】はこちら
-【Vol.6】はこちら
-【Vol.7】はこちら
-【Vol.8】はこちら
 
メール配信のお知らせ
プロデューサーレターはメールでの配信も行っております。
次号からのメール配信をご希望の方は、こちらより
ご登録お願いします。
 

その他ご案内

本レターは開発中の内容をもとに作成しており、
実際の内容や実装時期は異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。
コトダマンTopへ

上にもどる